お葬式

故人を偲ぶ葬式のバリエーションが豊富な現代

箱を持つ人

費用を抑える為のコツ

宝塚周辺には多くの遺品整理業者があります。出来るだけ費用を安く抑えたいというのであれば、自分で出来ることは自分で行うようにしましょう。そして、遺品の買取を行っている業者を選ぶようにすることをおすすめします。

葬儀

失礼のないようにします

葬儀における焼香のしかたには、回し焼香、立礼焼香、座礼焼香があります。会場の広さや宗派によってさまざまです。また、抹香を押し頂く回数も、宗派によって異なります。わからないときは、前の人の作法を見て、まねると安心です。

初めて喪主になった場合は

葬式

慣習がある場合があります

人が死ぬと葬式を出すことになりますが、葬式を出す際には喪主を決める必要があります。多くの場合、亡くなった人の配偶者や直系血族が喪主になります。喪主の他に葬儀委員長を決めることもありますが、それは地縁コミュニティの代表者や会社の上司などに頼むケースが多いです。葬儀委員長であれば同じ人が何度も務める可能性がありますが、喪主の場合は違います。多くても、生きている間にせいぜい1度か2度務めるようになるくらいのものです。人によっては、1度も喪主になることなく、自分が見送られる立場になります。生まれて初めて喪主になったという人がほとんどですので、葬儀に詳しい人のサポートがどうしても必要になります。住んでいる地域によっては、特別な慣習がある場合があります。慣習を無視した形で葬式を出すと、常識に欠ける人だと悪い印象を持たれてしまいますので、注意する必要があります。喪主の大任をしっかりと果たしたいと考えているのであれば、その地域で長く営業している葬儀業者を利用するのが望ましいです。

何でも相談できます

葬儀業者は葬式のプロです。人の死というのは、キレイごとでは済まされない面を持っています。どのような形の葬式にするかという話し合いをしている最中に、家族内で揉め事が勃発してしまうケースが実際にしばしばあります。葬儀業者は、取り扱った葬式と同じだけの数の家族の形を見てきています。葬式を出すにはお金がかかりますので、葬儀業者は否が応でも各家庭のプライバシーにも触れることになります。そこで知ったことを他言するようなことは決してありませんが、人生の機微や深みを自然と身につけていきます。ですので、直接葬式には関係ないことでも、何か困ったことがあるのなら、まず葬儀業者に相談してみることをおすすめします。葬儀業者はその業務を通じて様々な知識を身につけていますので、役に立つアドバイスをしてくれます。

お供え物

葬儀後に購入するべきもの

故人を象徴する仏壇を購入するタイミングは様々です。その場合、魂入れ、魂抜きなどが必要になります。これは僧侶にお布施を支払って依頼します。最近の仏壇は宗派に関係ないものが多くなっています。置き場所は直射日光の当たらない風通しのいい場所を選びましょう。