葬儀後に購入するべきもの|故人を偲ぶ葬式のバリエーションが豊富な現代
合掌

故人を偲ぶ葬式のバリエーションが豊富な現代

葬儀後に購入するべきもの

お供え物

仏壇を購入するタイミングは人によって様々です。葬儀後に初めて購入する家庭も多いでしょう。また新築やリフォーム後、年忌法要前などに買い替えることもあります。新規購入した場合は魂入れをする必要があります。また買い替えをした場合は古い仏壇は魂抜きをしなければなりません。どちらも僧侶にお布施を支払って行ってもらいます。お布施の金額は地域によって異なります。額は直接寺社に尋ねるか、親戚、友人などに聞いてもいいでしょう。魂抜きをした仏壇は、ほとんどの場合仏具店が無料で引き取ってくれます。また粗大ゴミに出すことも出来ます。初めて仏壇を購入する場合、宗教が気になる人もいるかもしれません。仏壇は宗教、宗派によって様々な違いがあるからです。

菩提寺がある場合はその宗派に合わせますが、それ以外は気にすることはありません。最近の仏壇は宗教に関係なく使えるものが多いからです。仏壇を購入した後どこに設置したらいいか悩む人もいます。基本、仏間か床の間、居間のいずれかに置くことになります。仏間がない場合は床の間を改造するか床の間自体に設置します。床の間がない場合は居間に置く形になります。最近は洋間に置く家庭も増えてきて、それに合わせた家具調仏壇も人気になっています。仏壇を置く場合、直射日光が当たらず風通しのいい場所に設置することが大事です。これは木で出来ているため熱気でひび割れたり、湿気で塗りがはげてしまうことがあるからです。ホコリも目立ちやすいので毎日掃除をすることも大切です。