失礼のないようにします|故人を偲ぶ葬式のバリエーションが豊富な現代
合掌

故人を偲ぶ葬式のバリエーションが豊富な現代

失礼のないようにします

葬儀

基本をおさえておきます

葬儀に参列する場合、失礼のないように気を付けます。葬儀は、故人と最後のお別れの場となります。特に、焼香の仕方は会場の広さや宗派によって、さまざまです。事前に焼香の基本の仕方を頭に入れてから参列するという工夫が必要です。故人の冥福を祈る儀式において、失敗を防ぐことができます。焼香の仕方は、回し焼香、立礼焼香、座礼焼香があります。回し焼香とは、盆に乗せるなどした抹香を順番に回して焼香を行う方法です。会場が狭く、儀式の際に人が移動しにくい場合などに使われる方法です。立礼焼香は、まず祭壇まで2歩から3歩くらいの位置まで進み出て、僧侶と遺族に一礼をします。そして、遺影を仰いで頭を下げます。さらに焼香台に近づいて焼香し、合掌します。座礼焼香は、膝をついたまま移動して焼香をします。

前の人の作法をまねます

葬儀では、宗教によって冥福を祈る方法があり、宗派や喪家の違いで焼香の方法も変わります。仏式葬儀における特徴は、焼香が挙げられます。一同が着席しているなか、僧侶が入場し、開式の辞が行われます。そして、読経、引導渡し、弔事拝受、弔事紹介と続きます。そのあと、遺族と親族の焼香が行われ、一般会葬者の焼香となります。焼香のしかたは、抹香を右手の親指、人差し指、中指を使ってつまみます。そして、頭を軽く下げて、つまんだ抹香を自分の目の高さまで押し頂き、そっと香炉に落とします。このときの回数は宗派によって異なりますが、自分の宗派の作法でも大丈夫です。仏教徒でない場合や、宗派がわからないときには、1回で構いません。前の人の作法をまねると安心です。また、初めて葬式を挙げる方のなかでどのように進行していくのか分からない方は、葬儀屋に相談することが大切です。費用が心配な方は、葬儀屋に葬式費用の見積もりを依頼するといいでしょう。葬儀屋によっては無料で見積もりを行っているので、実査に依頼する前にどのくらいの費用がかかるのか知ることができます。また、複数の葬儀屋に見積もりを依頼することで、一番費用がかからないところを確認することができます。